真 流行り神 寄生虫編の更新情報

スマホでアプリを見る↓

アプリ名:真 流行り神 寄生虫編

Nippon Ichi Software, Inc.
登録日:2018年02月09日
アプリのダウンロード

真 流行り神 寄生虫編のサムネイル

真 流行り神 寄生虫編の詳細

2014年にPlayStation®3、PlayStation®Vitaで発売されたホラーアドベンチャー『真 流行り神』がApp Storeに登場!
※本アプリは「ブラインドマン編」のみの収録になります。PS3,PS Vita版に収録されている全ストーリーをプレイできるものではございません。

【プロローグ】
S県C村で殺人事件が発生。遺体で発見された男性は、両目を大きな裁ちバサミで貫かれていた。

「私は、S県C村で発生した殺人事件に関する情報を持っています」

東京地裁で公判中の元大学教授、関本爽二朗がこの事件の情報を持つと話したため、彼は特例で身柄をC村分署の留置所に移された。
関本の担当は、主人公・北条紗希が所属する署内の窓際部署である特殊警ら課(通称:特ラ課)が受け持つこととなる。事件資料を一通り確認した関本は、自信満々に言った。

この事件は都市伝説の怪物“ブラインドマン”の仕業である、と——。

【寄生虫編】
紗希「なに……これ……?」

私は一瞬、何が起きているのかまったく理解出来なかった。
大半の床板が腐ってしまっていて、床下に落ちてしまっている。
さっきまで感じていた臭気もここが発生源なのかより強く、酷いものが私の鼻腔を刺激している。

そして、謎の音がその床下から止むことなく聞こえていた。
私は、床下がどうなっているか見ようと試みた。
床板を支えている横木に重心を乗せながら、私はおそるおそる覗き込んだ。

「うっ……」
後悔の念が私を駆け巡る。忠告を素直に聞いておけばよかった。
白く、ぶよぶよの柔らかい表皮で覆われた何かの幼虫らしきものが、
床下一面を覆い尽くしていた。
その一連の光景に動揺した私は、思わず床を踏み抜いてしまいそうになる。
同時に、この柔らかい芋虫の海の中に落ち、
全身がこいつらの体液にまみれてしまう様を想像して戦慄した。
アプリのダウンロード

真 流行り神 寄生虫編の口コミ

さんの口コミ
レーティング:

さんの口コミ
レーティング:

さんの口コミ
レーティング:

さんの口コミ
レーティング:

さんの口コミ
レーティング:

さんの口コミ
レーティング:

アプリ王国で、iPhone アプリを探す。見つける。楽しめる。