ゼノンザード(ZENONZARD)の更新情報

■V2.3.1更新内容■
◇「THE 5WALLS」モードの実装
◇「キリト&アスナと特訓!!」モードの実装
◇「アドミニストレータに挑戦」モードの実装
◇不具合の修正

スマホでアプリを見る↓

アプリ名:ゼノンザード(ZENONZARD)

BANDAI Co., Ltd.
登録日:2019年09月10日
アプリのダウンロード

ゼノンザード(ZENONZARD)のサムネイル

ゼノンザード(ZENONZARD)の詳細

[プレイの前に必ずご確認ください]
推奨端末:iPhoneSE、iPhone6s以上のRAM(メモリ)が2GB以上の端末
※上記の端末はあくまで推奨端末となります。推奨環境ご利用の場合でも、お客様のご利用状況や機種特有の要因により 本サービスが正常に動作しないことがありますのでご了承ください。

<『ゼノンザード』とは>

HEROZ株式会社が開発したAI(人工知能)「HEROZ Kishin」で培ったディープラーニング等の機械学習のノウハウを活かし開発された「カードゲーム」対戦特化型AIを搭載し、今までのカードゲームのようにパターン化されたCPUや人との対戦だけではなく、プレイを通じての「AI育成」や、「人間とAIの対戦」・「人間とAIの共闘」という新たな面白さを加えた新世代のデジタルカードゲーム。

<ゲーム説明>

●本格派デジタルカードゲーム

200種(※)を超える美麗イラストカードと3つのカードゲーム要素「フォース」「フラッシュタイミング」「移動式マナシステム」を組み合わせて、リアルカードゲームさながらの頭脳戦を繰り広げよう。

※リリース時点。

●個性豊かなバディAI「コードマン」

プレイヤーのバトルをサポートし、ともに成長していくAI「コードマン」。レベルやプレイイングに応じてコードマンの性格は様々に変化し、親密度が上がるとそれぞれのストーリーも解禁。個性豊かな16体からバディとなる1体と契約しよう。

CVを務める豪華声優陣にも注目。


<出演声優(五十音順)>

上坂すみれ 梅原裕一郎 黒沢ともよ 小松未可子 近藤玲奈 杉田智和 高橋李依 立花慎之介 田村睦心 中井和哉 早見沙織 日笠陽子 福山潤 藤原啓治 M・A・O 山下大輝


●バディAIによるアドバイス機能

バトル中、次の一手に迷ったらバディAIが状況に応じたアドバイスを与えてくれる。さらに、デッキ構築では、無限の可能性からより良い選択肢をバディAIが提案してくれるので、カードゲーム初心者も安心してプレイできる。


●バトル結果分析

AIによるバトル結果の分析・リプレイ機能や、グラフ化された戦況をもとに勝負のターニングポイントとなったターンからバトルをやり直す「IFバトル」機能を搭載。戦略を立て直し、プレイの上達につなげよう。


●多彩なバトルシステム

<ランクマッチ>

プレイヤーは対戦相手のバディAIと戦い、対戦相手はプレイヤーのバディAIと戦う「クロスバトル」ルールを採用。プレイヤーとバディAIそれぞれで「エレメント」(勝利ポイント)を集めてランクマッチの頂点を目指そう。


<フレンドマッチ>

登録したフレンドといつでもバトル!

フレンドのバディAIと戦う「クロスバトル」か、フレンド同士で戦う「プレイヤーバトル」を選んでバトルしよう。


<AIトレーニング>

バディAIと一緒にバトルをし、プレイングを磨けるトレーニングモードも搭載。


●カードゲーム特化型AIとのバトルに毎日挑戦

カードゲーム特化型の「オフィシャルAI」6体が日替わりで出現。ランクマッチやフレンドマッチで鍛えた実力を試そう。

さらに、シーズン毎に開催されるイベントでは、「オフィシャルAI」を凌駕する頭脳を持つ最強AI「ストライオ・ザナクロン」への挑戦権を獲得できるかも?


●ストーリー原案・世界観設定

『ブギーポップは笑わない』等で著名な小説家・上遠野浩平氏によるストーリー原案・世界観設定から生まれた重厚な物語がゲームのキーとなる。


<ストーリー>

高度に発達したAIが世界の至る所で影響を持つようになった近未来。全世界のAIを研究・開発している巨大企業<ビホルダーグループ>は、全世界の<コードマン>たちを集めて人間と組ませ、共通のルールの下にその頂点を決めるための大会<ザ・ゼノン>の開催を計画。その統一ルールとして採用されたのが<ゼノンザード>だった。



<アプリ概要>

タイトル : AI CARDDASS 『ゼノンザード』

ジャンル : AI×デジタルカードバトル

価格 : ダウンロード、基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

ⓒBANDAI・STRAIGHT EDGE

JASRAC許諾番号:9009667063Y43031

本アプリケーションは、権利者の正式な許諾を得て配信しています。

■『ゼノンザード』公式ウェブサイト

https://www.aicarddass.com/zenonzard/


■『ゼノンザード』公式Twitter

https://twitter.com/zenonzard


■『ゼノンザード』公式LINEアカウント

https://line.me/R/ti/p/Nb6T-aK97I
アプリのダウンロード

ゼノンザード(ZENONZARD)の口コミ

あの日の木本さんの口コミ
レーティング:
ZENONSAO
SAOコラボが来て、環境がSAOになりました。 ランキングの仕様がSAOカード31枚を含むデッキと言うのも環境作りに関係しているとは思いますが、純粋に強いです。 (ワンショットはやり過ぎな気が…コスト踏み倒しも度が過ぎてる) 現環境ではSAOデッキの使用が半強制なのでSAO好き以外は楽しめません。 SAO好きならスイッチでキリトとアスナが色々動いて転回して楽しいと思います。 コラボと言うより環境的には新パック登場で新環境に入った感じなのですが、コラボ来てない色があまりにも不憫。 シャドバならウィッチとロイヤルとエルフにだけ新パック来た様なもんです。しかもコラボで コラボが強すぎて衰退していき、最近サービス終了したアプリがありましたが、その二の舞にならない事を祈ります。 でもSAO環境が衰退するってナーフかインフレかしかない気がするんだけど、大丈夫かな? 生成コスト高いのにナーフして荒れないか? SAOより強いカードってもうぶっ壊れすぎてゲームとして成り立つのか? 心配です。
ほんと頼むよ…さんの口コミ
レーティング:
SAOコラボと聞いて始めました
新規勢ながらに、もうやり尽くした感があるのがなんだかなぁと… 体感的にというか環境的にSAOデッキ1強ですね 触り程度なので他のデッキのさじ加減は一様には言えない、しかし。 SAOデッキ以外はもはや組むメリットがないかなという印象です、 【赤単】での例で言いますと ユイで黒剣士を呼び出しつつスイッチなどでベース操作… “アスナの能力”で“コスト低減からキリトを延々呼び出し”、加護で除去や能力付加 …… まさに作品名に恥じぬチート感ないし俺ツェとなっている感じで爽快感はありますけれども。恐らくは、これSAOコラボが終われどこのデッキが出てしまっている以上は他のカードが擦れに擦れるだけなんじゃと不安視 かくいう自分もコラボの間はSAOパック以外開ける気は起きないぐらい。なぜなら開けるメリットが見えないから、むしろコラボ目的でインストールした身ですが。。。 インフレ具合や調整でもされない限りはSAOゲーですかね、 ゼノンザードいやSAOに乗っ取られたカードゲームと成りつつある。 ハッキリいって今までの環境を破壊しゆいたぶっ壊れではないかなと、コラボ以前の使用感の程は分かりかねますが、、、 それと一通りやってみた感想ですが、 気だるげなフードを被ったヒナが可愛いです、まる!
アベパンマン_さんの口コミ
レーティング:
下方修正を
ゲーム自体は面白いのだけれど SAOコラボでのキャラはかなりのぶっ壊れ性能 だと感じます もう少しSAOキャラの弱体化をし、ゲームバランスを保つべきだと思います 運営さんどうかお願いです少し修正して下さい
なひやなわらさんの口コミ
レーティング:
アプリが開けない
アップデートしたら開けなくなった
要望でごめんなさいさんの口コミ
レーティング:
凄く楽しみなんですけど…
ミーナとの模擬戦が始まろうとすると何回も何回も弾かれて強制終了されて進まないんですどうにかしてくれませんか?ゲーム色々消してみたけれど出来ません!やりたいと思ったゲームなので改善お願いします。
gjmtw'adさんの口コミ
レーティング:
案外いいけど・・・
自分はあまりソシャゲのカードゲームをしたことがない。ただゼノンザードはデュエマとバトスピをうまく組み合わせてできたかのようでバトルシステムもよい。また、ゼノンザードの大きい特徴であるバディAIはキャラや声優さんもよいので満足である。また運営も思ってた以上に優しく結構な数のパックを開封する事ができている。ただ唯一の点としてカードバランスが悪い所がある。初期のパックで出てきた最高リアリティのカード達があまりに強すぎると感じる。攻撃力も高いし、能力もとても強いので召喚されるとすぐに負けを確信してしまう。正直、後に出てきた同じリアリティのカード達でも完璧には対処することが難しい。そこをどうにか改善してもらえれば個人的には星5になるのかと思う。

アプリ王国で、iPhone アプリを探す。見つける。楽しめる。