終わる世界とキミとぼくの更新情報

・死因の追加
・加工の不具合修正
・○○状態時火山で死亡しない不具合の修正

スマホでアプリを見る↓

アプリ名:終わる世界とキミとぼく

Kumasystem, Inc.
登録日:2020年07月15日
アプリのダウンロード

終わる世界とキミとぼくのサムネイル

終わる世界とキミとぼくの詳細

終わりゆく世界を二人で彷徨う、終末サバイバルアドベンチャー。


「終わる世界とキミとぼく」は、テキストベースの終末サバイバルアドベンチャーゲームです。しかし、そこに待っているのは避けられない死の世界。なけなしの食料をやりくりしながら、拠点を作り、崩壊した世界を旅して、道具を加工して身を守り、正気を保ちながら、なんとか二人で生き抜いていく、そんなゲームです。
 そうしていくうちに、きっとあなたはこの世界に何が起きたのか、そして何が待っているのかを知ることになります。そして、唯一生き残るためにあなたは……。

■ 特徴

・ローグライク+脱出系と評される、試行錯誤の中で攻略を進めていく新しい形のアドベンチャーゲーム。
・恐ろしく高い難易度。レベルアップも、セーブポイントもありません。
・理不尽に襲いかかる無数のイベント。しかし、知恵と経験がそこから生き抜く術を見つけられるかもしれません。
・一人で挑むようにできてはいません。知識を友達と共有しましょう。……まあ、絶対に一人で挑みたいなら止めはしませんが。

・ひとつのTRUE END、ひとつのGOOD END、そしていくつかのBAD ENDがあります。
・天才的な閃きを得ない限り、TRUEクリアまでの平均時間は6~8時間程度です。
・すべてのエンディングとサブイベントを見た人には、ご褒美があります。

※いわゆる、こけおどしのようなホラー要素はありません。

■ 究極の選択

 食べ物の詰まったリュック、ツール類の入ったトートバッグ、財布やゲーム機が入ったカバン。そのうち一つだけを終末の世界に持っていける、そんな究極の選択からゲームが始まります。
 ゲームの中で、あなたは無数の選択肢を目にするでしょう。その一つ一つが致命的であり、救命的です。時には、避けられない犠牲を選ぶこともあるかもしれません。文中に散りばめられたヒントを元に、心して選んでください。

■ 探索と拠点

 崩壊した街を探索し、食料や資材を探さねばなりません。イベントもランダムに発生します。生存者もいるかもしれませんが、彼らが味方とは思わない方が良いでしょう。
 あなたがもし拠点を築けていれば、一日の終わりにささやかな休息を得られます。拠点ではなけなしの食べ物を分け与えたり、ガラクタを加工して道具を作ったり、あるいは焚き火や調理場を作ることもできます。

■ いくつものエリア

 ある条件を満たすことで、探索範囲を広げることができます。エリアによって見つけられるアイテム、発生するイベントは変わります。


では、よい終末を。
アプリのダウンロード

終わる世界とキミとぼくの口コミ

ぬぬぬっぬ1523さんの口コミ
レーティング:
いやー難しい
ほんと、難しいです。サクサクお亡くなりになります。(笑)
Sinsejainishsuaidjdhsさんの口コミ
レーティング:
運要素強め
約一時間プレイしてみて運要素が少し強いかなと思いました。 日毎のイベントを防ぐためにも運で集めるアイテム。また、雨が降ってきた場合も拠点があるのとないのと関わらず運で体力が20減るかどうか決まる。 事故イベントにおいても正解はなく、どちらかが必ずマイナスの面を受け取り、怪我を負えば救急箱がない限り体力が回復できない。 それなのにも関わらず探索は強制的にさせられ、体力をジリジリと削られゲームオーバー。 食糧をちゃんと一つ与えても空腹になったり…… 選択ゲーなのでもう少し頭を使ってプレイできるゲームならなと思いました。 追記:約6時間後、trueエンドまで到達しました。 が、上述の部分はやはり運ゲーです。 ゲーム中盤の吹雪までにいかに資材を揃えれるかにかかっているかなと。 開発者や一部のユーザーはさも運ゲーではない風におっしゃってますが、安定できるのは主に後半だけです。 ややネタバレと改善して欲しい点↓ 見返りのイベントが来なかった時は詰みなので、食糧を渡した際は次の日に必ず来るよう修正して欲しいです。 それと、釣竿のイベントも折角クラフトしたのに使えないのはおかしいので、それも改めて欲しいです。(もしかしたらバグなのかもしれませんが)
tmladymさんの口コミ
レーティング:
ネタバレ苦手な人向けでは無い。運ゲーは80%…くらい…?
崩壊前夜まで読破したのでレビューを書きます。  まず運ゲーではない、ということは無いと思います。個人的には対処しやすい選択肢を追加で用意できる(かもしれない)運ゲーと思います。これは現在の自分がTRUEを目指す上での感覚で、ですが。  無論、作者様が仰りたいことも理解はできます。所謂ローグライク系のように、プレイヤー自身の腕(知識やスキル)によって生存し易くなることは確かでしょう。  しかし、ゲーム全体の大半をランダムイベントへの対処としている本作はその一点のみで運ゲーになり得る資格があります。また、他のプレイヤーも仰っている通り、開幕が運に頼らざるを得ない構成であれば尚のことです。  タイトルでも触れた通り、上記の仕様になっているため、ネタバレや攻略サイトを見ながらのプレイをされたい方には苦しいゲームになるかと思います。その難易度であることをご理解いただきたいですね。(某サイトでは『被害者』とまで書いてありましたが流石にそれはどうかと思うので) 以下、感想です。  久しぶりに買い切りのゲームを攻略しましたが、大変良いゲームだと思いました。シナリオも一見分からないように見えて、図書館最深部到達、最終マップ到達、と徐々に世界観や情勢などが見えてくる作りで好みでした。  エンディングについてですが、1、2に関しては個人の趣向としては合わないけれど、作者様がこういう話を書きたかったんだろうな、と強く理解できるものでした。難易度がややきつい設定なのもそれ故だろうな、と理解もしています。  システムについても面白く感じる試み(精神状態と描写絡みなど)だと思いました。あの様な場面でこそプレイヤーの経験が活かされるというのも相まって秀逸だと思います。  他方、ここまで運要素の比重が大きいのであればせめて世界を悲観しての自殺(リセットボタン)が欲しいところでしたね。特に、じわじわと状況が悪化し、よほどの幸運を引き続けなければ死に至る環境では切り替えて次のゲームにトライしたいところでしたが、リセットが出来なかったのは残念でした。 秀逸なゲームだったので星5つを付けたい気持ちはとても大きかったのですが、作者様の見解がゲームの実態と外れていることや、コメントなどのご様子を鑑みて星4つとさせていただきました。 今後も是非楽しいゲームを作成してくださいませ。応援しております。
ここアッーさんの口コミ
レーティング:
稀に見る正統派良作
買い切りアプリなんて久しく購入してなかったところに、たまたまサイトの記事を見て気になったので即購入しました。 以下全クリ後の感想 昨今のゲームはタッチ式にもかかわらず高度なアクションを要求するゲームが増えてきている中で、テキスト主体のローグライクなゲームという所にかなり好感が持てました。 どこかガラケー黎明期の対話式ゲームを彷彿とさせつつ、サウンドやビジュアル、システムなどは重厚な造りとなっている点が高評価。 シナリオ分岐も250円とは思えないボリュームで、難易度も高めなのが完全クリアまで歯ごたえを感じ続けられて満足しました。 性質上リスタートが多いので、導入スキップのフラグがあってもいいのかなとは思いましたが、スキップ機能自体は違和感なく使えたのでそこまで気になりません。 どちらかというと不要アイテムが多すぎたのが少し物足りない所はありましたが、少なすぎるとフレーバーが損なわれるし、アイテム作成が多すぎるとそれこそスマホゲーの領域を逸脱しかねないのが悩ましいところだなと思いました。 GoodとTrueへのきっかけに気がつくのが大変困難でしたが、総合してみると丁寧にプレイしていれば拾い切れる程度でしたので、絶妙なバランスかと思います。 世界観については一貫しており、安直な解決がなかったのも好感触です。 全体的に少し暗めのシナリオですが、どう考えてもそこを期待して買う人が多数だと思うので、納得の出来かなと思いました。 久々に硬派なゲームをクリアしきれて満足でした。次回作も楽しみにしています。
すーす8さんの口コミ
レーティング:
片手間に遊ぶゲームじゃない感じ
1.05あたりのバージョンで全アチーブ埋めたのでレビューを書きます。 アプデでかなり改善されたようなので星を1つあげて追記しました(8/11) 【運ゲーなの?】 運に左右される要素はかなり大きいですが全部が運次第というわけではないです。 ただ、トゥルーの条件が分かってから60周程度は死んでトゥルー条件すら満たせないくらい、必要なアイテムのドロップで手こずりました。 アプデの重症治療イベント追加や、10日目までに起こるイベントの追加で序盤多少無茶できるようになったのがかなりデカい。安定性が上がるいい調整だったと思います。 運が悪い時には初日転んでケガ、3日目くらいにまた転落、で10日も生きられなくて死亡!とかケガしなくても一切飯出なくて死亡!とかが大半ですが、そこを抜けられるとある程度は生きられます。 【謎解きについて】 一つピースがハマれば連鎖的にあれもこれも!となるような謎解きゲームではありません。あくまでサバイバルゲームとして色々試しながら気楽にやるのがオススメです。 とりあえずトゥルーを目指すよりは全部の選択肢を選びながら長生きしてみるのが良いかも。 サバイバルを楽しむゲームとしても、もう少し加工できるアイテムを増やして、一つのマイナスイベントの対処方法を複数にする…とか、そういったバランスだったらあの煩雑なアイテム欄も役に立ったかもしれないです。 現状長い棒を酷使させすぎなのでそのあたりはかなり運ゲーに感じる部分でした。 【総評】 多少理不尽には感じますが、値段の割にはたくさん楽しませてもらえました。 思い返してみるとめちゃくちゃイライラしたゲームなので、そのぶん最後まで見てやる!という活力にもなり丸1週間やりこむ羽目になりました。そういうゲームだと割り切れば結構いいゲームだったな、という気持ちになります。 逆を言えばここまで難しくなければさらっとクリアしてふーんで終わりだったかもしれないのであまり簡単になりすぎるのも考えものですね。 開発さんのユーザーを煽るようなレビュー返信やSNSを一切見ないで淡々とやれば案外ストレス軽減になるかもです笑 ゲームとして「どうやって閃けば楽しいか」を考えてるようには見えなくて、総当たりして他人と情報共有してね!ってのはちょっと投げやりに思えます。 あと、ホラー要素はない!と書かれてますがそこそこゾワッとするような表現が多いです。そこはホラーというかなんというか…。 最後まで見てやる!という気持ちになる難易度ではあったので、夏休みに是非やってほしいゲームです。 友達には勧めたくないけど、知らない人がこのゲームに苦しめられているところはちょっと見たい、そんなゲームでした。
tysm67さんの口コミ
レーティング:
TRUEエンドまで耐え抜きました
大体5、6時間くらいはプレイしてしまったと思います。TRUEエンドと呼ばれる物には到達しましたが、苦痛を伴い、後味も悪かったのでやはり星を増やすわけにはいきません。 運ゲー、理不尽ゲー、しょぼいストーリーが耐えられない人は買わない方がいいです。 【良い点】 ルート分岐が多くやり込みがいはある。(が、あまりあるほどのストレスがある) 【悪い点】 ・圧倒的な運要素  製作者は運では無いと言っているが、解釈の違いだろうか?1日目の初手で怪我をし、雨に打たれ、食料も尽き、数日粘るも拾うのはゴミばかり。ある程度慣れた後でも、引き運がないとそんな死に方をする。序盤を乗り越えればある程度安定はする。 ・理不尽な死に覚えゲー  死に方を楽しむゲームなんだろうが、先程述べた、序盤の運ゲーを乗り越えた後に、なんてことない選択肢で即死するためストレスがすごい。危険なら危険そうなフラグを立てた方がいい。死んでみないとわからない選択肢が多すぎる。不快だ。 ・後味の悪いストーリー  マルチエンディングですがどのエンドも微妙です。ゲームバランス、ストーリー構築、どちらのセンスもないです。ランキングにあげないでほしい。 有料なので苦痛に耐えなんとかクリアしてしまいましたが、やっと消せます。一人でも多くの人が、このレビューをみて購入を躊躇うことを望みます。

アプリ王国で、iPhone アプリを探す。見つける。楽しめる。