iWriteMusicの更新情報

3.1.0で発生した以下のエラーを修正しました。
-連桁を使ったリズム表記が正しく表示されない場合がある。
-トラックの順序を変更しても、それに応じてトラックのサウンドは変更されない。
-装飾音符を上下した時、コマンドが正しくロックされない。
-拍子記号の変更時の予期しない動作をすることがある。
-キーボードを使った装飾音符入力時がうまく機能しない時がある。

改善点:
-不要なコンテンツが表示されないように、ビデオページでの検索機能をなくしました。

スマホでアプリを見る↓

アプリ名:iWriteMusic

iWriteMusicProject
登録日:2016年06月15日
アプリのダウンロード

iWriteMusicのサムネイル

iWriteMusicの詳細

iWriteMusicを使うと、楽譜の作成が楽しく簡単にできます。
これまでに、「楽譜作成アプリは使いこなすのが一苦労」とか「作成に時間がかかりすぎる」という経験をされたことはありませんか?iWriteMusicを使って、美しい楽譜を素早く簡単に作成しましょう!

学生、教師、プロミュージシャンの皆様に。ソングライター、コンポーザー、アレンジャーの皆様に。シンガー、楽器奏者(ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、ギター、フルート、サックス、トランペット、ドラムス等々)の双方に。アイデアを書き留めたり、レッスンの教材の作成、リードシートの作成、または、コーラスグループ、合唱団、室内楽団、ジャズバンド、ラテンバンド、オーケストラなどのスコアとパート譜を作成したりするのに最適です。日々の練習に、リハーサルに、コンサートに、 iWriteMusicが多角的に、あなたの音楽生活を豊かにするお手伝いをします。

iWriteMusicだからできる7つの特徴。

1. 極限までシンプルで、直感的にわかる、実用的なインターフェース
このアプリを理解するために、分厚いマニュアルを読んだり、幾つもの解説ビデオを見る必要はありません。フィナーレやシベリウスなどのアプリと違い、楽譜作成アプリが初めての人でも、わずかの要領を理解するだけで、すぐに使いこなせるようになります。

2. 革新的なワンフリック入力で、より効率的に楽譜が作成できます。
楽譜作成アプリに慣れていて、もっと早く、効率的な入力方法をお探しの人は、このアプリ特有のワンフリック入力をお試しください。従来型の入力方法と併用することで、入力スピードが格段に早くなります。

従来型入力(Traditional Entry System)とは?
- 選択肢はツールボックス上に表示されます。
- アイテムと入力場所を別々に選びます。
- 楽譜作成アプリにあまり馴染みがない人にお薦めです。

ワンフリック入力(OneFlick Entry System)とは?
- 選択肢は画面をタッチした時に表示されます。
- 入力場所とアイテムを一度に選択します。(指を左右にスライドして、選択アイテムを変更します)
- 楽譜作成アプリを使用したことがあり、より早く効率的に入力したい人にお薦めです。

3. 楽譜が美しく仕上がります。
-プロが使えるクオリティです。
−豊富なページレイアウト調整機能を搭載。
−簡単にパート譜が作成できます。
-スコアとパートの管理が簡単です。
−AirPrint により直接プリンターへ送信可能です。

4. 豊富な記譜機能。
-マルチトラック
-4声までのマルチボイス
−パーカッション及びドラム譜
−コードシンボル入力
−歌詞入力
−曲中の拍子変更
−曲中の調性変更
−曲中の音部記号変更
−曲中のテンポ変更
-装飾音符
-アーティキュレーション記号
−強弱記号
−曲の転調
−部分転調
等、本格的な記譜に書かせないなツールを豊富に搭載しています。

5. 練習などにも便利なプレーバック機能
-ソロ、ミュート、ボイスの選択ができるミキサーを搭載。
-ループやスイングオプションをサポート。

6. データと楽譜の共有。
-iWriteMusic データの転送、読み込み。
-PDFとJPGへ変換及び転送。
-スタンダードMIDIへ変換し、ガレージバンドなどの他のアプリで読み込めます。

7. コンパクトサイズ(15MB)
なので、写真、ビデオや他のアプリの為のディスクスペースを犠牲にしません。

バージョン3.0 の新機能
-スライドオーバー(対応機種限定)
-スプリットビュー(対応機種限定)
-大画面に対応
-ナビゲーションデザインを一新
-ワンフリック入力に対応した内臓キーボード
-iCloud アクセス(new on Free Version)
-カスタマイズ可能なお気に入りツール
-機能を一新したワンフリック入力
-スコアとパート譜の簡単管理機能
-X/16 拍子記号
-64分音符

注意事項:
-デバイスの性能、トラック数、バックグランドアプリの数等により、楽曲の再生や描画能力に違いがあります。

カスタマーサポート:
- ご質問等は、電子メールにて、日本語でお尋ねください。
アプリのダウンロード

iWriteMusicの口コミ

mktm sh faさんの口コミ
レーティング:
不具合が多すぎる。
ちゃんと不具合が無いかテストしていないからそうなる。
Doragoリュウさんの口コミ
レーティング:
スピーディーな記譜が可能!
無料版を使ってみて他のアプリより格段に速い記譜が可能だと分かり有料版購入しました。クラシック音楽の記譜ならこのアプリは強い味方になります。勿論ポップミュージックなど他分野の楽譜もなんでも作れます。歌詞はlylicで記入できます。音の強弱や繰り返し記号通りの演奏は出来ませんがpdf出力で楽譜の作成は容易にできるので印刷して原譜保管に重宝しています。midiファイルをGarageBandで開くこともできるのも良いです。YouTubeにアップ可能になります。2020年でサポート終了なのでしょうか。引き続き使いたいのですが、2021年になってもアプリは機能するのでしょうか?
イカリマークのオトコノコさんの口コミ
レーティング:
LINEについて
以前は、LINE上で「iWriteMusic のデータ」からデータを共有できていたものの,半年ほど前からデータを共有できなくなりました。デベロッパーにその旨を伝え、改善を期待していましたが、当然のように返答もなく、現在まで改善された様子はありません。そもそもの話、アプリの都合でLINEが使えなくなったのなら、共有する「Open with...」にLINEを表示しないでいただきたい。無料版の購入も、それがもとでしたので、騙された気分です。今後も同様のことが続くなら消費者センターに一報いれるか、Appleに報告するつもりです。誠意ある対応を期待します。
ゆままりーさんの口コミ
レーティング:
ひらかなくなりました。
昨日までひらいてましたが、急にひらかなくなりました。 サポートアドレスも落ちている様で、対応お願いします。
現社赤点さんの口コミ
レーティング:
改善求む
小規模アンサンブルの編曲のためにこのアプリを使っていて、フルスコアを表示したまま作り進めていました。するとなんとフルスコアを表示した状態でクレッシェンド、デクレッシェンドを設定すると、パート譜にした時にクレッシェンド、デクレッシェンドの幅が勝手に変わってしまいます。 非常に困ります。 あと、強弱記号やトリル記号などが小さすぎてフルスコアでは見えないレベルです。 スラーに重なるだけで余裕で隠れて見えなくなります。 無料ならまだしも、有料でこれは酷すぎる。 作ってる途中にアプリが落ちる、重くなるのは自分のスマホの性能のせいと割り切っていましたが、さすがにこのバグ?は酷いです。 買って損しました。 改善待ってます。
なあやまなやあやたはさんの口コミ
レーティング:
使いやすいです
トリルやトレモロ、アルペッジョなどを使えるようにして下さると非常に嬉しいです。 あと、反復記号の実用化をお願いします。

アプリ王国で、iPhone アプリを探す。見つける。楽しめる。